緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

ホームへ戻る > バックナンバー > 緩和ケア 2012年11月号
200062
Vol.22 No.6

緩和ケア 2012年11月号

緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し

 緩和ケアは,生命を脅かされる疾患から生ずる問題に直面して苦悩する患者と家族に対して,それぞれの苦痛を和らげることを目的に行われる。がんの緩和ケアにおいて,患者はがんと診断された時,治療の経過中,あるいは再発・転移が分かった時などさまざまな場面で,これまでの自己の価値観をみつめ直すことを余儀なくされ,がんと共に生きるために生のあり方を再吟味することを求められる。一方,緩和ケアに携わる医療者も,がんと共に生きる人のいのちに正面から向かい合うことを求められ,患者や家族と共に苦悩しつつ,傍らにあり続ける。

 しかし,がんの進行とともに,患者の身体機能は低下し,日常生活における制約が増え,他者に委ねるしかない状態へと変化していく。また患者は,自分の思いや考えを伝える術が失われ,他者とのコミュニケーションが損なわれていく。このようなどうすることもできない現実の前で,医療者は無力感や不全感,罪責感などの“つらさ”を感じる。さらに病状が進むと,死と喪失の体験は避けがたく,それらが繰り返され整理されないまま積み重なり,医療者の心の奥深くに沈殿する。

 本特集では,まず緩和ケアに携わる医療者の“つらさ”とは何かについて取り上げる。“つらさ”にはどのような特徴があるのかを理解し,はたして,それは本当に“つらさ”なのかを考える機会としていただきたい。次に,長く緩和ケアに携わる方々が“つらさ”に対するご自身の考え方や対処法について,コツを含めて具体的に述べる。最後に,緩和ケアに携わる者が“つらさ”やしんどさをどうマネジメンすればよいのかを,専門家が提案する。また,それぞれの方法の基本となる考え方と実際的で役立つレシピを紹介する。

 この特集を通して,患者のいのちと向き合うという緩和ケアでしか味わうことのできない体験に,新たな意味が付与でき,緩和ケアに携わることの意味や喜び,医療者としての達成感などをみつけ出すきっかけとしていただけることを願っている。 

販売価格(税別)
¥1,500
数量
在庫有り
※送料無料
定期購読
バックナンバー

目次

〔特集〕緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し

特集にあたって…田村恵子,他
緩和ケアで“つらさ”といわれるものをどう考えるか…田村恵子
緩和ケアに携わるスタッフが体験する“つらさ”とその理解 …栗林幸江
●緩和ケアに長く携わるコツ
 今日もため息,そして挨拶とチームの力─気がつけばそこに笑顔があった…大谷弘行,他 
 振り返りを楽しみながら学ぶ…柏谷優子 
 患者・同僚と垣根なく楽しむ…塩川 満
 気持ちを仲間と分かち合い,支え合う─無理なく“つらさ”と向き合うための工夫…長友隆一郎 
 その方の人生の大切な時を共にする─緩和ケアにおけるソーシャルワーク実践を積み重ねて…田村里子
●こころと身体をほぐそう
 緩和ケアにおける感情労働…三井さよ
 エンカウンターグループの役割…広瀬寛子
 マインドフルネス瞑想の基本と実践…井上ウィマラ
 忙しい日々に,香りにゆだねるひとときを─アロマセラピーの実践…宗定水奈子 
 場面に応じた呼吸法の実践…栗原幸江
●ショートレビュー
 緩和ケアにおける医療従事者のストレスとその対処…福宮智子,本間織重

〔連載〕

EAPC(ヨーロッパ緩和ケア学会)疼痛ガイドラインを読む〈4〉…鄭 陽,森田達也
 1 アセトアミノフェンとNSAIDs の役割, 2 鎮痛補助薬の役割,
 3 腎機能障害のある患者へのオピオイドの使用
◆わたしのちょっといい話〈7〉
 ひだまりの中で…髙橋昭彦
◆画像で理解する患者さんのつらさ〈4〉
 急に顔と首が腫れてきたんですけど,大丈夫でしょうか?…水越和歌,斎藤真理

〔コラム1〕

●らしんばん
 緩和ケアの“主観”について考える…岡本拓也
●東日本大震災 つながり・たより〈4〉
 詩で綴る東日本大震災への想い─岡部健氏に捧ぐ…堂園晴彦
●海外事情
自分らしく生きるための支援─英国がん患者支援施設マギーズ・センターの視察より…岩田祐佳梨

〔コラム2〕

○いのちの歌
 新しい挑戦…朝倉雲鶴
○コミュニケーション広場
 日本ホスピス緩和ケア協会2012年度年次大会─訪問看護師として参加して…柴田恵子
○REPORT
 第18回 大学病院の緩和ケアを考える会
 第20回 日本ホスピス・在宅ケア研究会
○レシピで団欒らん!〈5〉
 口腔乾燥に! ふわふわワンタンスープ…桑野寛子,他

〔投 稿〕

◇調査報告
 緩和ケア認定看護師の役割認識と背景との関連…井上佳代,他

ページトップへ戻る