緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

ホームへ戻る > バックナンバー > 緩和ケア 2016年9月号
200089
Vol.26 No.5

緩和ケア 2016年9月号

「その時がいつか」を予測する
―余命を推定する確かな方法

 進行がん患者の余命を予測することは患者に最適なケアを計画するうえで重要である。(患者がいつ亡くなるか)「そればっかりは分からない」というのは、特定の患者の死亡の時期を予測できないという意味では正しい。一方で、最近の実証研究の進歩によって、「おそらくこれくらいの状態の患者であれば、おそらくはこれくらいの時期に死を迎える時が来るだろう」と一定の精度で予測する方法が開発されている。

 日本において2000名を超えるコホート研究が行われ、予後予測指標に関する知見も近年蓄積された。本特集では、進行がん患者の余命を予測する指標についての最新のエビデンスを特集しつつ、そもそも何のために余命を予測するのか、余命を予測したとしてそれをどのようにケアに生かすのかについてふれたい。

販売価格(税別)
¥1,500
売切れ
※送料無料
定期購読
バックナンバー

目次

〔特 集〕「その時がいつか」を予測する
―余命を推定する確かな方法

特集にあたって…森田達也

進行がん患者の予後予測指標の全体像と今後の展望
─余命の予測はどこまで可能になるか?…森田達也

予後予測指標を理解するために必要な統計学的知識…前田一石

日単位・週単位,月単位の余命を予測するための指標たち
①Palliative Prognostic Scale(PaP score),D-PaP…柏木秀行
② Palliative Prognostic Index(PPI),simplified PPI…杉本慈子,他
③Development of Prognosis in Palliative care Study(PiPS)model…馬場美華
④あなたの患者さんが亡くなったら驚きますか?─サプライズクエッション…浜野 淳

時間,日の単位の余命を予測するための指標たち
―「今日は大丈夫か」「いよいよ今夜か」を見積もる…白土明美

余命を予測できることと伝えることは違う…西 智弘

余命を予測する場面での看護の役割
①患者に余命を伝えることの意味…田中結美
②在宅における患者・家族の支援…濵本千春

〔連 載〕

◆いま伝えたいこと─先達から若い世代に
すべての上に愛を… …河 正子

◆FAST FACT
「死にたい」と言われた時の対応…松田能宣

【新連載】◆日本のがん疼痛とオピオイド量の真実
日本と世界のオピオイド消費量…高橋理智,他

◆緩和ケア口伝─現場で広がるコツと御法度
・腹部膨満感にジアゼパムを使ってみる…廣橋 猛
・吃逆(しゃっくり)や咳嗽にリドカインを使ってみる…金石圭祐
・人間の尊厳は,究極,トイレ問題だ…宮森 正
・「最期までトイレに行きたい」という願いをかなえるための工夫…高見陽子

◆落としてはいけないKey Article
「スピリチュアルペイン」に対するランダム化比較試験…森田達也

◆仕事人の楽屋裏
大庭 章

◆見学では分からない海外事情
アメリカ東海岸でホスピスナースとして働く…ラプレツィオーサ伸子

ページトップへ戻る