緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 困ってませんか?患者さんの心の動き 否認・怒り・退行への対応 がんの初発診断期のbad news に伴うケース─怒りを中心に

「緩和ケア」2014年5月号
困ってませんか?患者さんの心の動き 否認・怒り・退行への対応 がんの初発診断期のbad news に伴うケース─怒りを中心に

小室 龍太郎(国立病院機構 金沢医療センター 精神科・緩和ケアチーム)

患者の将来への見通しを根底から否定的に変えてしまう「悪い知らせ」(bad news)は,患者にとって衝撃的であり,さまざまな情緒的反応を引き起こす。本稿では事例を通して,「怒り」への対応について考えてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.3

緩和ケア 2014年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る