緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 困ってませんか? 患者さんの心の動き 否認・怒り・退行への対応 終末期特有のさまざまな苦痛に伴う防衛機制とその対応

「緩和ケア」2014年5月号
困ってませんか? 患者さんの心の動き 否認・怒り・退行への対応 終末期特有のさまざまな苦痛に伴う防衛機制とその対応

伊豆原知恵(奈良県立医科大学附属病院 緩和ケアセンター)
厚坊 浩史(同)
上田 昇太郎(同)
梅岡 京子(同)
四宮 敏章(同)

 奈良県立医科大学附属病院(以下,当院)の緩和ケアチーム(以下,PCT)のスタッフは,身体症状担当の緩和ケア医,精神症状担当の精神科医,がん看護専門看護師,臨床心理士,薬剤師で構成されている。PCT は,おもに主治医・看護師からのコンサルテーション依頼を通じ,介入を開始している。

 本稿では,終末期において否認・退行などさまざまな防衛機制が働き,PCT で介入した症例を報告する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.3

緩和ケア 2014年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る