緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 新薬の使い方とわたしの使用感 アブストラル®舌下錠の上手な使い方

「緩和ケア」2014年5月号
新薬の使い方とわたしの使用感 アブストラル®舌下錠の上手な使い方

樋口 比登実(昭和大学病院 緩和ケアセンター)

アブストラルの発現時間は,モルヒネやオキシコドンの速放製剤より早く,持続時間は短いことが報告されており,より速い効果が期待される,予測できない突出痛に有効とされている。フェンタニル製剤の特徴と口腔粘膜吸収剤の特徴を生かし,腎機能障害・肝機能障害を有する症例,便秘やイレウス症状のある症例,経口摂取困難や嚥下困難症例などに有用である。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.3

緩和ケア 2014年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る