緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 新薬の使い方とわたしの使用感 イーフェン®バッカル錠の使い方と感触─リーズナブルに使いこなすために─

「緩和ケア」2014年5月号
新薬の使い方とわたしの使用感 イーフェン®バッカル錠の使い方と感触─リーズナブルに使いこなすために─

小田 浩之(市立札幌病院 緩和ケア内科)
合田 由紀子(同)

 イーフェンバッカル錠(フェンタニルクエン酸塩)(以下,斜体文字は商品名)は,わが国初のフェンタニルのレスキュー製剤であり,また従来のSAO(short acting opioids)と呼ばれるレスキュー製剤に比べ,突出痛に対する鎮痛作用が速やかに発現する,わが国初のROO(rapid onset opioids)製剤でもある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.3

緩和ケア 2014年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る