緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > がんによるお金の相談,増えてます。<1> 障害年金とは?ーキホン編

「緩和ケア」2014年5月号
がんによるお金の相談,増えてます。<1> 障害年金とは?ーキホン編

石田 周平(石田社会保険労務士事務所 NPO 法人がんと暮らしを考える会 特定社会保険労務士)

 私は,障害年金請求を支援する専門家として仕事をさせていただいております,社会保険労務士です。障害年金を申請するには,たくさんの書類を作成し,提出する必要があります。原則,書類で判断される障害年金請求は,障害の状態をいかに正確に書類に反映するかが重要であり,そのたくさんの書類の中で特に重要とされているものが,診断書と病歴・就労状況等申立書です。

 私は,障害年金の診断書作成依頼のため,医師と話をする機会が多いのですが,その時,医師からしばしば発せられる言葉が,「がんで障害年金はもらえないでしょ」というものです。そのほか,表1 のような誤った認識の発言がしばしば見受けられます。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.3

緩和ケア 2014年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る