緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 死と正面からむきあう─その歴史的歩みとエビデンス 看取りの時期の医学治療のトピックス

「緩和ケア」2014年3月号
死と正面からむきあう─その歴史的歩みとエビデンス 看取りの時期の医学治療のトピックス

森田 達也(聖隷三方原病院 緩和支持治療科)

 本稿では,死亡直前期の医学的治療について,近年研究知見が集まった2点,輸液治療と気道分泌亢進(死前喘鳴)について解説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.2

緩和ケア 2014年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る