緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 画像で理解する患者さんのつらさ<最終回> 便がガマンできないなんて,情けない話ですね

「緩和ケア」2014年3月号
画像で理解する患者さんのつらさ<最終回> 便がガマンできないなんて,情けない話ですね

水越 和歌(埼玉医科大学国際医療センター 画像診断科)
斎藤 真理(横浜市立大学附属市民総合医療センター 化学療法・緩和ケア部)

緩和ケア医:あっという間に入院になってしまいましたね。いかがですか?
患者:本人が一番びっくりしています。2 年前に下痢を繰り返すようになって,ちょうど仕事のストレスが重なったので,過敏性腸症候群と自己判断し,整腸剤を飲んでいました。直腸がんなのに便秘は全然ありません。どうしてでしょう?

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.2

緩和ケア 2014年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る