緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 海外事情 ホスピスでのティータイム─ボランティアの視点から

「緩和ケア」2014年3月号
海外事情 ホスピスでのティータイム─ボランティアの視点から

岡田 美由紀(前 Capital Caring ボランティア)

 ホスピスを運営する民間団体Capital Caring の施設の1 つ,Halquist Memorial Inpatient Center(アーリントン,バージニア州)というホスピスで,2011年6月から2013年9月まで約2年間,週1回ボランティアをした。最も記憶に残る,「お茶の時間」について報告したい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.2

緩和ケア 2014年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る