緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 短 報 外来処方箋からみた慢性腎臓病(CKD)患者におけるオピオイド処方の検討

「緩和ケア」2014年3月号
短 報 外来処方箋からみた慢性腎臓病(CKD)患者におけるオピオイド処方の検討

松尾 勝一(誠心会 井上病院 緩和ケア病棟)
小河原 悟(福岡大学病院 医療情報部)
井上 俊孝(西九州大学 社会福祉学科)
谷 知允(福岡大学病院 医療情報部)
江頭 麻理子,他(糸島医師会病院 外科)

 日本人の成人人口における慢性腎臓病(chronic kidney disease;以下,CKD)患者数は約1,330万人(12.9 %)と推計され,顕著に増加している。そのため,がんの疼痛管理を必要とする患者にCKD を合併していることが多くなると予想される。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.2

緩和ケア 2014年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る