緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 再発・進行がん患者の治療中のサポーティブケア 再発・進行がん患者のサポーティブケアとしての副作用マネジメント

「緩和ケア」2014年1月号
再発・進行がん患者の治療中のサポーティブケア 再発・進行がん患者のサポーティブケアとしての副作用マネジメント

田墨 惠子(大阪大学医学部附属病院 看護部)

 再発・進行がん患者のサポーティブケアを継続的に行うためには,脳・骨転移の放射線治療も不可欠である。化学療法と同時に,また休薬して実施されることが多いが,患者の中では,治療に伴う症状は混在して出現するため,医療者が両方の基本的なマネジメントの知識と技術をもつことが,サポーティブケアに寄与すると考えている。

 まず,特集のはじめにあたり,化学療法の副作用マネジメントについて,その限界を踏まえ,認識を共にしたい点について考えてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.1

緩和ケア 2014年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る