緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 再発・進行がん患者の治療中のサポーティブケア 皮膚症状のマネジメント

「緩和ケア」2014年1月号
再発・進行がん患者の治療中のサポーティブケア 皮膚症状のマネジメント

市川 智里(国立がん研究センター東病院 看護部)

 がん化学療法に伴うさまざまな皮膚症状は,患者の身体的な苦痛だけでなく,ボディイメージを変容させ,患者のQOL を著しく低下させる。再発・進行がん患者においても,皮膚症状を伴うがん化学療法は多く実施されており,がんそのものに伴う症状に加えて,皮膚症状のマネジメントも
重要とされる。

 発症の機序は不明な点が多く,推奨される介入も少なく,専門家の経験に基づく治療が行われている現状があるため,症状を悪化させないためのスキンケアに加え,その症状に合った治療が求められる。今回は,特にマネジメントに苦渋するEGFR(上皮増殖因子受容体)阻害薬に伴う皮膚症状に焦点を当てて解説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.1

緩和ケア 2014年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る