緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 画像で理解する患者さんのつらさ<11> お腹が張って,おしっこも出ません!

「緩和ケア」2014年1月号
画像で理解する患者さんのつらさ<11> お腹が張って,おしっこも出ません!

水越 和歌(埼玉医科大学国際医療センター 画像診断科)
斎藤 真理(横浜市立大学付属市民総合医療センター 化学療法・緩和ケア部)

・夜間当直帯の救急外来にて

WOCナース:R先生,今晩の救急外来担当ですよね。消化器外科の患者さんが救急車で来院されました。診察,お願いします。

緩和ケア科研修医:了解です。状況を教えてください。

WOCナース :A さん,70 歳代男性,肛門がんで,7 年前にMiles 手術を当院で受けています。以降,ストーマ外来で私が担当していました。2 カ月前から食欲低下があり,1 週間くらい前から下腹部膨満感が悪化し,本日夕食後に我慢できなくなったということで,来院されました。歩行可能ですが,相当苦しいみたいでいつもの表情とまったく違っています。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.24 No.1

緩和ケア 2014年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る