緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 死を意識した時に何を語り合うか ─苦痛と苦悩の中にある人間理解とセルフ・アウェアネス 治療とケアを拒否する患者との関わり

「緩和ケア」2013年11月号
死を意識した時に何を語り合うか ─苦痛と苦悩の中にある人間理解とセルフ・アウェアネス 治療とケアを拒否する患者との関わり

佐藤 隆次(博愛会 一関病院 緩和医療科)

 終末期における全人的苦痛の中にいる「治療とケアを拒否する患者」との関りを通した人間の理解と,医療者のセルフ・アウェアネス(自己認識),そして自己成長の過程の一考察を述べてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.6

緩和ケア 2013年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る