緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 死を意識した時に何を語り合うか ─苦痛と苦悩の中にある人間理解とセルフ・アウェアネス 医療者に気持ちを語らない患者との関わり

「緩和ケア」2013年11月号
死を意識した時に何を語り合うか ─苦痛と苦悩の中にある人間理解とセルフ・アウェアネス 医療者に気持ちを語らない患者との関わり

市原 香織(淀川キリスト教病院 がん診療センター)

 淀川キリスト教病院のがん相談支援室(以下,相談室)は,筆者を含むがん看護専門看護師が3名所属し,がん患者の治療に関わる意思決定をサポートするため,がん患者カウンセリングを行っている。がん患者の治療や療養に関する意思決定は,初発の治療方針の決定のみでなく,治療後の療養生活も含めてがん治療の経過の全体で求められる。そのため,相談室では,がん患者カウンセリングを担当した看護師が主体となって,継続的な関わりを行っている。

 以下に,がん告知から緩和ケアへの移行まで,筆者が自問自答しながら関わりを続けた事例を紹介する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.6

緩和ケア 2013年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る