緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 死を意識した時に何を語り合うか ─苦痛と苦悩の中にある人間理解とセルフ・アウェアネス 生きている意味が分からないと訴える患者との関わり

「緩和ケア」2013年11月号
死を意識した時に何を語り合うか ─苦痛と苦悩の中にある人間理解とセルフ・アウェアネス 生きている意味が分からないと訴える患者との関わり

稲田 美和子(自治医科大学附属病院 緩和ケア部)

 一般に,死を目前にした患者が自分自身の生きる意味を求めようとする時,そのこころの動きに寄り添うことは,医療者にとっても難しいテーマである。そこでは,両者のスピリチュアル・ニーズ(患者のために何かしてあげたい・問題を解決してあげたいなど)が交錯し,いろいろな感情体験が生まれるからである。本稿では,「生きている意味が分からなくなった」と語った患者Aさんに対し,筆者がどのようにその言葉を理解し関わったのかを提示する中で,こうしたテーマに対する対応と留意点について考察したい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.6

緩和ケア 2013年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る