緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 画像で理解する患者さんのつらさ<10> こんなお腹じゃ,着られる服がないんですよ!

「緩和ケア」2013年11月号
画像で理解する患者さんのつらさ<10> こんなお腹じゃ,着られる服がないんですよ!

水越 和歌(埼玉医科大学国際医療センター 画像診断科)
斎藤 真理(横浜市立大学附属市民総合医療センター 化学療法・緩和ケア部)

緩和ケアチーム看護師:婦人科外来から,緩和ケアチームへの依頼です! A さん,60歳代の女性で,大量腹水・呼吸困難・原発不明で緊急入院です。入院目的は,がんの病理診断と症状緩和です。

緩和ケア科医師:がん患者さんが入院になると,婦人科からはすぐコールがあるねえ。

緩和ケアチーム看護師:G先生が留学から戻ってきて,皆が変わった感じです。前は「まだ緩和ケアの段階じゃない」と言っていたスタッフまで,「早期からの緩和ケアよね」と言ってます!

緩和ケア科医師:OK。今日の回診リストの1 番ね!

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.6

緩和ケア 2013年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る