緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 患者・家族が経済的に困る場面と,それに対する対応の工夫―在宅における実践から

「緩和ケア」2013年9月号
ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 患者・家族が経済的に困る場面と,それに対する対応の工夫―在宅における実践から

荒井 康之(医療法人アスムス 生きいき診療所・ゆうき)
太田 秀樹(同 おやま城北クリニック)

 在宅療養では,入院に比べ,経済的負担に影響する要因が複雑になる。医療保険とともに介護保険を利用することになったり,家族が介護に従事するために休業したりする。経済的負担を軽減させる制度も,入院の場合と異なる部分も多い。

 ここでは,在宅医療の経済的な特性を解説しながら,筆者が在宅医療の実践で,意識していること,工夫していることなどを紹介する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.5

緩和ケア 2013年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る