緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 患者・家族への経済的支援の実際―看護師としてできること―

「緩和ケア」2013年9月号
ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 患者・家族への経済的支援の実際―看護師としてできること―

清水 奈緒美(神奈川県立がんセンター 看護科)

 看護師は,患者の生活全般の情報を得る機会が多い。患者は経済的な困りごとについて積極的に話さないことが多いので,この問題へのアンテナを高くして関わることが重要だと思う。そのうえで,“収入ができるだけ途絶えないようにするための支援”“費用をかけるものを意思決定することへの支援”を展開していく必要があると思う。

 筆者は,以前に相談支援センターの相談員として勤務し,現在は病棟看護科長として病棟勤務をしている看護師である。相談支援センターと病棟の双方の体験を踏まえ,看護師がどのように経済的な支援を展開できるのか,具体的に述べたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.5

緩和ケア 2013年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る