緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 経済的課題が顕在化する時期と「その人らしい」意思決定の支援

「緩和ケア」2013年9月号
ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 経済的課題が顕在化する時期と「その人らしい」意思決定の支援

池山 晴人(近畿中央胸部疾患センター 相談支援センター)

 がん対策推進基本計画(第二期)には,「がん患者も含めた患者の長期的な経済負担の軽減策については,引き続き検討を進める」と記されている。

 計画書の通り検討が進み,将来的にがんに特化した費用負担軽減のため,社会資源が策定されるかもしれないが,今日この時も,患者・家族はがんを抱え,自らの経済的課題と照らし合わせながら「その人らしい」暮らしを模索している。

 本稿では,医療ソーシャルワーカー(以下,MSW)が,療養生活を支援する視点や活用する資源について,事例を通して提示し,現代の多職種チームにおける役割を確認したい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.5

緩和ケア 2013年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る