緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 薬剤師はこうみる オピオイドの使用において現場でできる経済面の工夫

「緩和ケア」2013年9月号
ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 薬剤師はこうみる オピオイドの使用において現場でできる経済面の工夫

松谷 優司(株式会社ホロン すずらん薬局)

 がん保険は,入院時の治療について医療費を補償するのが一般的であり,通院での外来化学療法を補償していないことが多い。外来で化学療法ができる時代を想定していなかった時代の契約に基づいており,医療者の目からみれば間違いなく「がん治療」であるが,「入院」していないので民間の保険の補償が受けられない場合がある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.5

緩和ケア 2013年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る