緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 役立つウェブサイトの紹介 社会保険労務士・ファイナンシャルプランナーと医療者との協働で作成した「がん制度ドック」

「緩和ケア」2013年9月号
ケアとともに考えたい 患者・家族への経済的支援 役立つウェブサイトの紹介 社会保険労務士・ファイナンシャルプランナーと医療者との協働で作成した「がん制度ドック」

山口 聖子(順天堂大学医学部附属浦安病院 看護部)
串岡 慎吾(株式会社 かるてぽすと)

患者・家族にとっての経済的負担は,がんの治療費・療養費だけに留まらない。がんと診断されたことにより,その家庭のライフプラン,家計は影響を受ける。医療現場では,患者の医療費問題を取り上げることはできても,家計全般のことまでは取り上げることはできない。せめて,患者の抱える問題を理解したいと耳を傾け,大変な思いを分かち合うものの,現実的な解決に至らない無力感を感じるばかりだった。そんな漠然とした思いを,とある研究会の懇親会で話題にしたことをきっかけに,経済的支援に関する勉強会を始めることにした。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.5

緩和ケア 2013年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る