緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 症例報告 認知症に進行がんを合併した独居療養者の服薬アドヒアランスを高めるための在宅看護の実際

「緩和ケア」2013年9月号
症例報告 認知症に進行がんを合併した独居療養者の服薬アドヒアランスを高めるための在宅看護の実際

山口 友恵(札幌西訪問看護ステーション)
近藤 美恵子(同)
上田 信恵(同)
今井 浩平(今井ホームケアクリニック)
山口 崇,他(手稲渓仁会病院 総合内科・緩和ケアチーム,神戸大学大学院医学研究科 内科系講座 先端緩和医療学分野)

 今回,認知症に進行がんを合併した独居療養者の在宅生活を支援していくために,服薬アドヒアランスを高めるためのケアを実践し,いくつかの示唆を得ることができたので報告する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.5

緩和ケア 2013年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る