緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 高齢者ケアのスペシャリストから学ぶ緩和ケア 介護者である家族を支援する―家族の本当のつらさとは

「緩和ケア」2013年7月号
高齢者ケアのスペシャリストから学ぶ緩和ケア 介護者である家族を支援する―家族の本当のつらさとは

牧野 史子(NPO法人 介護者サポートネットワークセンター・アラジン)

 介護を担う家族介護者の負担感に関する研究調査や,報道などは,数多く目にするが,家族の抱える多面的な負担(身体的・精神的・経済的など)を抜本的に軽減するものは,既存の制度や支援体制の枠組みでは,なかなか見当たらないのが現状である。当法人(介護者サポートネットワークセンター・アラジン)では,2001年から「家族介護者を地域で支援するための仕組みづくり」に取り組んできた。

 本稿では,当法人での日頃の実践を通じて知るところの,認知症の人を介護する家族が直面するつらさや葛藤,悩みなどについて述べたうえで,家族介護者への支援のインフォーマルな社会資源や,その視点を紹介する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.4

緩和ケア 2013年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る