緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 高齢者ケアのスペシャリストから学ぶ緩和ケア 高齢者ケアの“こんな時” “動く”を支える―動けないことに対するリハビリテーション

「緩和ケア」2013年7月号
高齢者ケアのスペシャリストから学ぶ緩和ケア 高齢者ケアの“こんな時” “動く”を支える―動けないことに対するリハビリテーション

福田 卓民(青梅慶友病院 リハビリテーション室 作業療法士)

 動かないことに起因する二次的な障害が,心身の諸機能に及ぶことは広く知られており,高齢者ケアにおいては,多くの対象者にその症状を認める。本稿では,動かないことによる身体面への影響とその対応について,リハビリテーションの視点から述べる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.4

緩和ケア 2013年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る