緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 私のちょっといい話<11> 語りかける声,聞こえてくる声

「緩和ケア」2013年7月号
私のちょっといい話<11> 語りかける声,聞こえてくる声

佐藤 やす代(函館おしま病院 ホスピス)

 緩和ケア病棟で働いて10年が経過した。気がついてみると,人生の折り返し地点を過ぎた年齢となった。ホスピスでのさまざまな患者さんとの関わりで,自分の心を豊かに育むことができたように思う。数えきれないエピソードの中から「声」にまつわる2つの出来事を紹介したい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.4

緩和ケア 2013年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る