緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 臨床で役立つ サイコオンコロジーの最新エビデンス 認知症のマネジメントーBPSDに対する薬物療法と非薬物療法

「緩和ケア」2013年5月号
臨床で役立つ サイコオンコロジーの最新エビデンス 認知症のマネジメントーBPSDに対する薬物療法と非薬物療法

谷向 仁(大阪大学医学部付属病院 オンコロジーセンター・緩和ケアチーム)

 超高齢化社会を迎えている今,認知症患者も増加の一途をたどっている。このような背景の中,一般診療における認知症患者の占める割合も増加しており,緩和ケアに携わる医療従事者にも認知症に関する知識は必要不可欠となっている。

 本章では,最近の系統的レビューや関連学会のガイドラインを参考に,認知症に伴うBPSD(behavioral and psychological symptoms of dementia:行動心理学的症状)の介入について,最近のエビデンスを踏まえて概説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.3

緩和ケア 2013年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る