緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > サイコオンコロジストはこうしている② 怒りへの対応のポイント

「緩和ケア」2013年5月号
サイコオンコロジストはこうしている② 怒りへの対応のポイント

大庭 章(群馬県立がんセンター 精神腫瘍科・総合相談支援センター)

 怒りは,不公平感や失望感を相手に伝えるコミュニケーションである。コミュニケーションは,本来双方向的な情報交換だが,怒りは強く表現されて一方向的な情報伝達になることもある。それは,相手に自分の経験を理解してもらいたいという強い気持ちの表れともいえる。怒りを向けられた医療者側のコミュニケーションの目標は,怒っている者の経験を共感的に理解することである。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.3

緩和ケア 2013年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る