緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 臨床で役立つ サイコオンコロジーの最新エビデンス がん医療における薬物相互作用―向精神薬とオピオイド・抗がん剤を中心に

「緩和ケア」2013年5月号
臨床で役立つ サイコオンコロジーの最新エビデンス がん医療における薬物相互作用―向精神薬とオピオイド・抗がん剤を中心に

赤木 徹(国立がん研究センター中央病院 薬剤部)
清水 研(国立がんセンター中央病院 精神腫瘍科)

メッセージ from サイコオンコロジスト

◇ 薬物相互作用については多くの視点から検討されることにより,患者の不利益となることを防ぐことができる。向精神薬はサイコオンコロジストだけでなく担当医が処方する機会も多く,本稿にあるような知識を共有したうえで,担当医,サイコオンコロジスト,薬剤師の視点からチェックされることが望ましい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.3

緩和ケア 2013年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る