緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 原著 終末期がん患者が「明るさを失わずに過ごす」ための医療者の支援のあり方 緩和ケア病棟の医師・看護師を対象としたエキスパート・インタビュー調査

「緩和ケア」2013年5月号
原著 終末期がん患者が「明るさを失わずに過ごす」ための医療者の支援のあり方 緩和ケア病棟の医師・看護師を対象としたエキスパート・インタビュー調査

中野 貴美子(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 看護科学専攻)
佐藤 一樹(東北大学大学院医学系研究科 保健学専攻 緩和ケア看護学分野)
片山 はるみ(浜松医科大学医学部 看護学科 基礎看護学講座)
宮下 光令(東北大学大学院医学系研究科 保健学専攻 緩和ケア看護学分野)

 Miyashitaらは,望ましい死の概念化に引き続き,がん診療連携拠点病院56 施設の一般病棟,緩和ケア病棟100 施設,在宅ケア施設14施設で死亡したがん患者の遺族それぞれ2,560名,5,311名,292名を対象に,終末期がん患者の望ましい
死の達成を評価する調査を行った。「楽しみになることがあった」と回答した遺族は,がん診療連携拠点病院の一般病棟で31%,緩和ケア病棟で51%,在宅では66%であった。患者個々の楽しみや明るさは必要であるにも関わらず,実現できていないのが現状である。

 これらの結果から,医療者は,終末期がん患者が「楽しみになることがある」「明るさを失わずに過ごす」ために支援していく必要があると考えたが,これらの支援を体系的に明らかにした研究は,国内外ともに,質的・量的調査を含めてなかった。そのため,本研究では,緩和ケア病棟で,緩和ケアに熟練した専門家である医師22名と,看護師23名が提供する具体的な支援方法をインタビュー調査し,質的分析を行った。その結果,終末期がん患者が「楽しみになることがある」ための支援方法は,患者の日常生活を支援し,患者個々の楽しみを大切にするケアが明らかとなった。

 本研究では,次の段階として「明るさを失わずに過ごす」ための支援を体系的に明らかにすることで,終末期がん患者の望ましい死の達成により貢献できると考える。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.3

緩和ケア 2013年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る