緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 終末期の身の置き所のなさの緩和ケア 「身の置き所のなさ」への専門家のアプローチ〈2〉 精神科医だからこそ鑑別できる「身の置き所のなさ」

「緩和ケア」2015年3月号
終末期の身の置き所のなさの緩和ケア 「身の置き所のなさ」への専門家のアプローチ〈2〉 精神科医だからこそ鑑別できる「身の置き所のなさ」

上村 恵一(市立札幌病院 精神医療センター)

 本稿では,せん妄の除外が終わっていることを前提に,その次に頻度が高く精神科医が遭遇する,アカシジア・離脱症状・激越型うつ病の問題を中心に述べたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.2

緩和ケア 2015年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る