緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緊急収録 安楽死・医師による自殺幇助―緩和ケアの臨床家が知っておくべき知識

「緩和ケア」2015年3月号
緊急収録 安楽死・医師による自殺幇助―緩和ケアの臨床家が知っておくべき知識

森田 達也(聖隷三方原病院 緩和支持治療科)
大西 恵理子(オレゴン健康医科大学 家庭医療科,米国家庭医療認定医,米国ホスピス緩和医療認定医)

2014年秋,ブリタニー・メイナードさん(写真1)が脳腫瘍のために「安楽死」をするという予告動画をyoutubeに掲載し,話題となった。29歳という若さ,結婚してほどなくの発症も報道の加熱をいくらか後押ししたに違いない。国内の報道では,しかし残念ながら,医学的な認識そのものが正しくなく,議論が深まらないものが多かった。本稿では,緩和ケアに携わる臨床家が知っておくべき安楽死に関する知識をまとめる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.2

緩和ケア 2015年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る