緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > いま伝えたいこと―先達から若い世代に<2> 「ペーシエントからパースンへの挑戦」に価値をおいて

「緩和ケア」2015年3月号
いま伝えたいこと―先達から若い世代に<2> 「ペーシエントからパースンへの挑戦」に価値をおいて

石垣 靖子(北海道医療大学 客員教授)

 1960年代,大学病院のナースだった頃,終末期がん患者の痛み治療は,急性期のそれとまったく同じで,オピオイド製剤の筋肉内注射でした。注射ですから,吸収は速いのですが,血中濃度は中毒域にまでになりますので,患者は眠ってしまいます。排泄も速く,目覚めると,また痛みとの闘いです。すがるように「注射をしてください」と訴える患者の背中をさすりながら,一緒に泣くしかなかったこともありました。強い痛みの中で,のたうちまわっている姿は,まさしく拷問を受けているように見えたのです。

 あの頃体験した無力感や,ナースとして何もできずに途方に暮れていた経験は,私が,ホスピス・緩和ケアの道に導かれたひとつの原点でもあったように思います。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.2

緩和ケア 2015年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る