緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝―現場で広がるコツとご法度〈2〉 皮下点滴による抗菌薬治療について

「緩和ケア」2015年3月号
緩和ケア口伝―現場で広がるコツとご法度〈2〉 皮下点滴による抗菌薬治療について

小田切 拓也(聖隷三方原病院ホスピス科)

 抗菌薬の皮下点滴に関する文献レビューでは,セフトリアキソン,セフェピム,アミカシン,ゲンタマイシン,テイコプラニンの報告があるが,欧州で皮下点滴の認可があるのは,フランスにおけるセフトリアキソンとアミカシンのみだった。緩和ケアや高齢者診療などでは,以下のような臨床報告に依拠して,抗菌薬の皮下点滴が行われている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.2

緩和ケア 2015年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る