緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝―現場で広がるコツとご法度〈2〉 この薬,皮下投与でも使えます!―安城厚生病院 緩和病棟の場合

「緩和ケア」2015年3月号
緩和ケア口伝―現場で広がるコツとご法度〈2〉 この薬,皮下投与でも使えます!―安城厚生病院 緩和病棟の場合

小林 頼子(JA愛知厚生連 安城厚生病院 緩和ケア内科)

 安城更生病院 緩和病棟では,経静脈的によく使用されている輸液・薬剤を,皮下投与時の安全性の面で6段階に分類した表を作成し,使用している(表1:掲載にあたり,実際に使用している6段階から,使用可能な3段階の薬剤一覧に改変した)。その中から,皮下投与の適応がないが出番の多い薬剤について,説明する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.2

緩和ケア 2015年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る