緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝―現場で広がるコツとご法度〈2〉 緩和領域におけるせん妄患者にクエチアピン(セロクエル®)

「緩和ケア」2015年3月号
緩和ケア口伝―現場で広がるコツとご法度〈2〉 緩和領域におけるせん妄患者にクエチアピン(セロクエル®)

佐伯 吉規(がん研究会有明病院 緩和医療科)

 本稿を読まれた方々においては,せん妄患者に対し,鎮静を目的に安易にベンゾジアゼピン系薬物のみで対応することは,今からやめていただきたい。ベンゾジアゼピン系薬物の単独投与が,せん妄を悪化させる「エビデンス」についてはそれこそいくらでもある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.2

緩和ケア 2015年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る