緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 仕事人の楽屋裏〈2〉 岡本禎晃

「緩和ケア」2015年3月号
仕事人の楽屋裏〈2〉 岡本禎晃

岡本 禎晃(市立芦屋病院 薬剤科部長)

緩和ケアを選択したきっかけ

大阪大学医学部附属病院の薬剤師になり,最初の担当病棟が整形外科でした。整形外科病棟は,リウマチや,変形性関節症の手術目的の患者さんが主ですが,がんの患者さんも多くおられました。患者さんと接してみて,痛みを訴える方が多いこと,薬で病気が治らないことに驚きました。

 そこで,鎮痛薬やその他の症状緩和の薬,副作用について,患者さん1人ひとりと向き合う中で,実際の症状や対応策について学びました。「薬を飲んで効果が現れるのが何時間後だから,何時にもう1回訪室して効果と副作用を確認する」「何日後に採血を依頼する」といったことを毎日繰り返しました。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.2

緩和ケア 2015年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る