緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > “同時改定”と“基本計画見直し”で何が変わったか ―現場の手応えと課題 臨床現場では今 在宅療養支援診療所の変化と今後の方向性

「緩和ケア」2013年3月号
“同時改定”と“基本計画見直し”で何が変わったか ―現場の手応えと課題 臨床現場では今 在宅療養支援診療所の変化と今後の方向性

後藤 慶次(ひまわり在宅クリニック)

在宅看取り推進のバリアーとなっている24時間365日体制を,複数の医師が連携することで,負担軽減し,さらに,地域に普及していく拠点として強化型在支診を位置づけようとする方向性がみえてくる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.2

緩和ケア 2013年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る