緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > “同時改定”と“基本計画見直し”で何が変わったか ―現場の手応えと課題 臨床現場では今 小児在宅医療・小児緩和ケアの認知度の変化と今後の課題

「緩和ケア」2013年3月号
“同時改定”と“基本計画見直し”で何が変わったか ―現場の手応えと課題 臨床現場では今 小児在宅医療・小児緩和ケアの認知度の変化と今後の課題

前田 浩利(子ども在宅クリニック あおぞら診療所墨田)

 今回の改定で,初めて「小児在宅医療」という言葉が示された。わが国の医療の枠組みをつくる保険診療の中で「小児在宅医療」という概念が提示されたことは,重要な意味をもっている。以下に改定の要点を述べる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.2

緩和ケア 2013年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る