緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > “同時改定”と“基本計画見直し”で何が変わったか ―現場の手応えと課題 臨床現場では今 在宅医療連携拠点と地域の連携について

「緩和ケア」2013年3月号
“同時改定”と“基本計画見直し”で何が変わったか ―現場の手応えと課題 臨床現場では今 在宅医療連携拠点と地域の連携について

川越 正平(あおぞら診療所 上本郷)

 在宅医療連携拠点としての立場から,今改定で特筆すべきは,機能強化型(連携型)在支診の創設である。この制度創設によって,地域における診診連携が促進されれば,24時間の訪問を保障する体制や,在宅患者受け入れ余力の強化につながることが期待される。ただし,具体的にどのように診診連携システムを構築すればよいのかについて,いまだ暗中模索の状態に止まっている地域も多いと考えられる。今改定を受けて,意欲的な診診連携・病診連携システムを構築した先進地域の事例を早期に集約し,全国に周知することが望まれる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.2

緩和ケア 2013年3月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る