緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る 医療用麻薬に対する抵抗感への対応

「緩和ケア」2013年1月号
よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る 医療用麻薬に対する抵抗感への対応

下條 奈己(東邦大学医療センター大森病院 緩和ケアセンター)

医療用麻薬に関する誤解として,①一度始めると止められなくなるのではないか,②命を縮めてしまうのではないか,③使い始めると効かなくなって量を増やさなければいけないのではないか,④頭がおかしくなってしまうのではないか,⑤使
うとすぐに亡くなってしまうのではないか,⑥胃を荒らすのではないか,⑦身体に悪い影響があるのではないか,⑧がん患者が使うものなのではないか,など患者によってさまざまなイメージがあるようだ。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.1

緩和ケア 2013年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る