緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る ここから始めよう 意思決定支援

「緩和ケア」2013年1月号
よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る ここから始めよう 意思決定支援

柏谷 優子(東京医科大学病院 緩和医療部(看護部))

 緩和ケア提供の必要性を意識する時,患者・家族の意思を尊重すること,「その人らしさ」を大切にすることが強く意識されるということはないだろうか。緩和ケアはQOL(quality of life)を改善するアプローチである。QOLは個人に帰属するものであるから,患者・家族の価値観に添ってケアすることで,緩和ケアは目標達成に導かれる。したがって,緩和ケアにおいて患者・家族の価値観や意思が大切にされるのは当然で,そのような意味において,意思決定支援と緩和ケアは一連のプロセスのなかにあるのだといえよう。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.1

緩和ケア 2013年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー

 

ページトップへ戻る