緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る 面会に来る家族への関わりと支援

「緩和ケア」2013年1月号
よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る 面会に来る家族への関わりと支援

栗島 路子(東邦大学医療センター大橋病院緩和ケアチーム)

 「日々の忙しいケアの中でなかなか家族との時間がとれない」「何をすれば,家族ケアなのか分からない」などの声を現場で耳にする。家族に対しても患者と同様に,患者と共に早期から関わる意識をもってみると,ケアの糸口をみつけることができるのではないだろうか。しかし,早期からといわれて何からすれば良いのか分からないと思われる方もいるだろう。まずは,家族に「話しかけ」「顔見知りになる」このことが大切である。「そういえば,いつも話かけてくれる看護師がいたな?」「ちょっと話しを聴いてもらおうかな?」と思わることが家族ケアの第一歩になるのである。

 本稿では,日々のケアの中でできる家族ケアについて考え,明日からできる家族ケアをみつけていくことについて提案したい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.1

緩和ケア 2013年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る