緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る 口腔ケアの基本と口腔トラブルへの対応

「緩和ケア」2013年1月号
よく遭遇する場面の看護ベーシックに立ち返る 口腔ケアの基本と口腔トラブルへの対応

藤田 智子(日本大学医学部付属板橋病院 緩和ケアチーム)

 がん終末期の患者は,全身状態の悪化やセルフケアが困難な状況が加わり,治療によって生じる口腔トラブル以外に,口臭や舌苔などが生じやすい。口臭は不快感が強く,患者だけでなく家族もつらい思いをすることがあり,コミュニケーションを困難にすることもある。患者の尊厳を維持するためにも,口腔ケアは重要な意味をもっている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.1

緩和ケア 2013年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る