緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 使用経験から新薬メサドンを知ろう がん疼痛におけるメサドンの使用―概要と症例

「緩和ケア」2013年1月号
使用経験から新薬メサドンを知ろう がん疼痛におけるメサドンの使用―概要と症例

森 雅紀(聖隷浜松病院 緩和医療科)

 メサドンの薬物動態に対する理解が深まるにつれ,欧米でもがん疼痛に対するメサドンの使用頻度が増してきた。米国では,約72万人が慢性疼痛の治療目的にメサドンを使用している。メサドンは,高力価で持続期間が長く,活性代謝物を生じないという特徴がある。一方,半減期が長く幅広い個人差があることから,慎重な副作用のモニタリングが必要である。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.1

緩和ケア 2013年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る