緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 体験者の語りを聴く〈5〉 病い・死について じっくり考える時間があって

「緩和ケア」2013年1月号
体験者の語りを聴く〈5〉 病い・死について じっくり考える時間があって

的場 典子(健康と病いの語りディペックス・ジャパン)

 いつもそうだが,インタビューで出会った人たちは,病院で出会う患者さんとは違った印象がある。1人ひとりを思い出す時,インタビューで訪れた場所や景色が,同時に浮かんでくる。多くはご自宅で,そうでない場合も地元に訪ねていくため,その人の生活がリアルに感じられる。早川さんの場合もそうだった。緑の多い公園を抜けて,どこだろうと地図を片手に歩く筆者に,元気な声で,頭上のベランダから「ここよ~」と手を振る早川さんが見えた。隣には洗濯物が揺れている。この団地で普通に暮らす人が,たまたまがんになったのだ。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.23 No.1

緩和ケア 2013年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る