緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し 緩和ケアで“つらさ”といわれるものをどう考えるか

「緩和ケア」2012年11月号
緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し 緩和ケアで“つらさ”といわれるものをどう考えるか

田村 恵子(淀川キリスト教病院 看護部)

 特集のはじめにあたって,本稿では,緩和ケアに従事する人にはどうして“つらさ”というものがあると思われるのか,それは本当に“つらさ”なのか,個人により違いがあるのはどうしてなのかなどについて,個人的な経験を踏まえて考えてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.6

緩和ケア 2012年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る