緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し 緩和ケアに携わるスタッフが体験する“つらさ”とその理解

「緩和ケア」2012年11月号
緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し 緩和ケアに携わるスタッフが体験する“つらさ”とその理解

栗原 幸江(がん・感染症センター都立駒込病院緩和ケア科)

 患者や家族の笑顔や感謝に癒される時もあれば,対応困難な場面で「こんなはずじゃなかった」「これが緩和なの」といった苦言や叫びを浴び,無力感や不全感に打ちのめされることもある。いのちと向き合う現場で患者や家族の「身体やこころのつらさ」に触れる仕事には,体力的なエネルギーはもちろんのこと,こころのスタミナも求められるものだ。

 本稿では,こうした「緩和ケア領域に携わるスタッフが向き合う“つらさ”(チャレンジ)」について取り上げてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.6

緩和ケア 2012年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る