緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し こころと身体をほぐそう 緩和ケアにおける感情労働

「緩和ケア」2012年11月号
緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し こころと身体をほぐそう 緩和ケアにおける感情労働

三井 さよ(法政大学 社会学部)

 看護という仕事をしていくうえで,自分の感情をコントロールしなくてはならない瞬間はたくさんあるようである。筆者が行ったインタビューなどで,看護職が自分の気持ちをコントロ
ールしなくてはならないと話してくれたのは,大別して次の2つの瞬間だった。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.6

緩和ケア 2012年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る